粉ミルクは母乳より腹持ちがいいって本当?腹持ちしない原因や選び方

粉ミルク 母乳 腹持ち
赤ちゃんの栄養源には主に2種類があります。

ひとつは粉ミルク、もう一つは母乳です。

そこで世のお母さん方が悩むのが、
ミルクで育てるか母乳で育てるか、ですよね。

ミルクの方が母乳より腹持ちがいいから夜泣きしない、
なんて聞いたことがある方もいるかもしれません。

では実際、粉ミルクと母乳の腹持ちに違いはあるのでしょうか?

また、ミルクと母乳のどちらが良いのでしょうか?

気になる方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

粉ミルクと母乳で腹持ちはどっちがいい?

離乳食開始前の赤ちゃんの栄養源は
主に粉ミルクか母乳です。

母乳が良く出る方は母乳のみで育てることができますが、
そうでない方はミルクを使用することになります。

もちろん母乳育児をする方も
預けたり薬を飲みたい時などにミルクを飲めると助かりますよね。

母乳の方が赤ちゃんにとって良い、なんて昔は言われていましたが、
今のミルクはとてもよくできていて、母乳に劣るということはありません。

では、母乳と粉ミルクのどちらで育てたらよいのでしょうか。

育児をしていると、母乳は腹持ちが悪い、
ミルクにしたらよく寝てくれた、なんて聞くこともあると思います。

実際、私も出産した際に病院で、
「お母さんが夜寝たいならミルクを足してあげたらいいよ」
とアドバイスをもらった経験がありますが、

実際に粉ミルクと母乳の腹持ちを調べた研究があるようです。

その実験ではお腹の中の乳汁の量が半分になるまでの時間は、
母乳だと1時間弱なのに対し、
ミルクだと1時間強はかかるという結果が出ています。

ミルクの方が腹持ちが良いということですね。

ミルクは3時間以上時間を空けないと次をあげられないのは
この実験の通り、空腹になるまでに3時間ほどかかるからなのかもしれませんね。

ただ、
ミルクは飲んだ量が見て分かりますが、
母乳はどのくらい飲んだか分かりません。

特に生まれたばかりの赤ちゃんは母乳を飲むのが下手なので、
時間の割にはあまり飲めていないということもあります。

量があまり飲めていないということは
空腹になるのも早いということです。

この点でも母乳の方が早くおなかが空いてしまうのかもしれませんね。

赤ちゃんにとってはミルクも母乳もどちらでも良い栄養になります。

良く寝てほしいときはミルク、
あまり時間がたっていないのに泣くときは母乳、
など臨機応変に使い分けても良いですね。

ミルクが腹持ちしない気がするとき

ミルク 腹持ちしない

ミルクの方が腹持ちが良いという話をしましたが、
ミルクを飲ませたのにすぐ起きちゃう、
腹持ちしてないのでは?なんて思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

ミルクにしたら夜泣きせず、朝まで寝てくれるという噂を
聞いたこともあるかもしれません。

上でも説明したとおり、ミルクの方が腹持ちは良いようです。

しかし、消化の速度はその子によって違います。

また、ミルクの種類によっても多少は消化のされやすさも変わってきます。

そのため既定の3時間より早く目覚めて
泣いてしまうこともあるのです。

もちろん、おむつが汚れていたり眠りが下手だったりと
おなかが空いたことだけが理由ではない場合もありますけどね。

ミルクが腹持ちしないと感じたら試して欲しいことが2点あります。

まずはミルクの量を増やすことです。

特に体の大きい子などはミルクの量が足りていないため
すぐにおなかが空いてしまうということもあります。

ちょっと増やしてあげることで
長時間満足してくれるかもしれません。

2つめがミルクの種類を変えることです。

消化しやすい形態にしてあるミルクは
腹持ちが悪いことがあります。

また、メーカーによって成分に若干の差があります。

違うミルクにしたら腹持ちが心なしか変わることもあるようです。

ミルクの腹持ちが悪いと感じたら
試してみてくださいね。

スポンサーリンク

母乳育児でも使えるミルクの選び方

粉ミルク

ここまでの記事を読んで、
ミルクの方が腹持ちがいいなら母乳育児だけど粉ミルクも試してみようかな?
と思った方もおられるかもしれません。

そんな方のためにおすすめのミルクをご紹介します。

それは明治の「ほほえみ」です。

こちらはキューブタイプが販売されており、
計量する手間が省けるという便利なミルクです。

少量の個包装なのでたまにしかミルクを飲まない母乳育児中にも
ピッタリな商品です。

母乳メインの場合はミルクをはかりなれていないので
計量しなくていいのも嬉しいポイントですね。

同じような理由でスティックタイプのミルクもおすすめですが、
開封したら使い切らないといけないので
キューブタイプほど細かい量の調節ができないというデメリットもあります。

スティックタイプの個包装ミルクは
いろんなメーカーから出ていますよ。

近年の粉ミルクはかなり母乳に近い成分になっており、
また、厚生労働省によりミルクの成分の基準が厳格に決められているので
どれを使っても大きな違いはありません。

なので基本的には使いやすさや赤ちゃんの好みで
選んでも大丈夫です。

ただ缶のものは開封したら1ヶ月で使い切らないといけないので
ぜひ母乳の合間にミルクを使いたい場合は
キューブタイプなど個包装のものを使ってみてくださいね。

まとめ

粉ミルクは母乳に比べて
腹持ちが良いと言われています。

実際、ミルクの方が胃内滞留時間が長いという実験結果もあるようです。

腹持ちが良いと赤ちゃんが満足してくれる時間も伸びます。

夜寝る前などにミルクにすると
ちょっと長く寝てくれることもあるかもしれませんよ。

ミルクなのに腹持ちが良くなさそう、
と思ったら量を増やしたり種類を変えてみるのも手です。

母乳育児でミルクもちょっと使ってみたい場合は
個包装タイプを選ぶと便利ですよ。

自分や赤ちゃんに合った栄養摂取方法が
見つかると良いですね。

>目次へ

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする