クリスマスと誕生日が近い子供のプレゼントやお祝いは一緒にしてる?

クリスマス,誕生日,近い,子供,プレゼント,一緒
クリスマスと誕生日が近い子供のプレゼントやお祝いは一緒にされがちですが、大晦日とお正月も近いし、正直一週間くらいでクリスマス、と誕生日、大晦日&お正月とイベントが立て続け来ると金銭的にもキツイ!!なのでクリスマスと誕生日が近い子供のプレゼントやお祝いは一緒にしてしまいたい気持ちもわかります。

1歳の誕生日くらいならば、本人も全く解っていないので、プレゼントやお祝いが無くても問題ないのでしょうが、幼稚園などに行くようになると、いずれはクリスマスと誕生日を認識するようになりますから、そんなときはどうするのが良いのでしょう?

そこでここでは、みんなはクリスマスと誕生日が近い子供のプレゼントやお祝いは一緒にしてるのか?実際に誕生日とクリスマスが近い子供をお持ちのご両親達はどうしているのかをまとめました。

ぜひ参考にして下さい!!

スポンサーリンク

クリスマスと誕生日が近い子供の悲しいサガ

やはりクリスマスと誕生日が近い子供は、プレゼントやお祝いは一緒にされていたケースは多いですね。昔はクリスマスと言っても、今現在のような規模でやっていなかったとも記憶しています。今は日本の街ではクリスマスツリーなどの飾りが、たっぷり大盛りですし、時代が違うのですが、元クリスマスと誕生日が近い子供だった方達は、余計にプレゼントやお祝いは一緒にされていたと言っても良いですね。そんな方達の当時の気持ちとしては、やっぱりクリスマスも誕生日も両方別々に、プレゼントがもらえたり、お祝いをしてもらっていた人たちが、とても羨ましかったそうです。

誕生日とクリスマスを一緒にプレゼントやお祝いされるのは辛い

やはり子供にとって誕生日とクリスマスを一緒にプレゼントやお祝いされるのは辛いことです。周りの子供達が誕生日とクリスマスを別々にやってもらっているのを目の当たりにしたり、また子供に兄弟姉妹がいて、クリスマスと誕生日が特に近くも無く別々に祝ってあげるのなら、クリスマスと誕生日が近いからと言って一緒にされ方からしたら、理不尽なものしか感じません。

やっぱ別々にプレゼントとお祝いが無難か?

そう考えると、大人になってもしっかり負の思い出に残るものですから、クリスマスと誕生日が近かろうが同じだろうが、なるべくならば一緒にせずやっぱり別々にプレゼントやお祝いをしてあげて欲しいですね。

クリスマスとお正月と誕生日でお金がキツイ!!

とは言え極短い期間で、クリスマスとお正月と誕生日と続くのは正直お金がキツイ!!お年玉まで控えているとなると、金銭的な面でクリスマスと誕生日を一緒にされたのも多きな要因です。イベントごとは出来れば少しでも間を空けたいものですよね。

しかし間を空けてOKだったり、クリスマスと誕生日が離れている兄弟姉妹は別々にプレゼントするのなら、単なる言い訳に過ぎません。何故なら、間を開けようが開けまいが、使う金額は変わらないはずだからです。だったら解決策として以下のようにするのはどうでしょうか?

スポンサーリンク

子供の誕生日用貯金をする

間が空いて金銭問題が若干でも緩和されるのなら、あらかじめ「子供の誕生日用貯金」をすることをおすすめします。子供の誕生日用貯金じゃなくても「クリスマス貯金」でも「お年玉貯金」でもかまいません。例えば一ヶ月に500円貯金すれば、一年で6千円になります。一ヶ月に250円貯金でも、一年で3千円になります。一ヶ月に少ない貯金でも小さい子供にすれば1年分でけっこうな額になりますよね。

誕生日とクリスマスを一緒のプレゼントにするか選ばせる

誕生日とクリスマスを一緒のプレゼントにするのか、子供に選ばせるご家庭もあります。子供のために誕生日とクリスマスを別々にプレゼンとするなら、使う金額をそれぞれ5千円くらいと決め、もしも誕生日とクリスマスのプレゼントを一緒にするのなら、金額を合わせて1万円くらいの少し高価なものをプレゼンとすると言った取り決めです。

実際に子供に選択権が無くとも、幼少のころは誕生日プレゼンとクリスマスプレゼンとの分を一緒にまとめて、予算金額を高めにとっていたと言うご家庭もあります。さらに親が上げる分のお年玉を含める選択肢に入れるのもありですね。クリスマスから誕生日、お年玉までをまとめている家庭もおあります。

コレならクリスマスと誕生日のプレゼントが一緒でも、子供自身自分で選択したわけですし、普段なかなか買ってもらえない高価なものがもらえるわけですから、文句もなくなるのではないでしょうか?子供の誕生日用貯金等と併用すれば、親子供ともにWinWinですよね?

クリスマスと誕生日のお祝いとケーキは別にする?

プレゼントとは別に、クリスマスと誕生日のお祝いとケーキは別にするのか?と言う問題もあります。子供に兄弟姉妹がいて、その兄弟姉妹の場合で誕生日のお祝いやケーキを出すのなら、いくらクリスマスと誕生日が近くてもやるべきでしょう。

クリスマスと誕生日が同じ日なら一緒でもしょうがないですが、前述のプレゼント予算合算と同じに、お祝いとケーキも豪華なものにして納得してもらうとか、誕生日かクリスマスどちらかのケーキ代をプレゼントに上乗せするなど、予算を一定に考えるのは良い手です。

特にクリスマスシーズンは、ケーキ屋さんが大忙しで、時期や地域によっては誕生日ケーキを作ってもらえないことも珍しくありません。それにとっても高カロリーになってしまいますから、健康のことも考えると悪い選択では無いはずです。

クリスマスと誕生日が近い子供のプレゼントやお祝いは一緒にしてる?まとめ

クリスマスと誕生日が近い子供の場合、子供本人の気持ちを考えるのなら、やはり一緒にされるのはとても悲しいものです。やっぱりクリスマスと誕生日は全く別物ですからね。子供のクリスマスと誕生日が近くない兄弟姉妹が別々にやるのならなおさら。

とは言え、12月の年末はただでさえ、クリスマスとお正月と大変。金銭的に厳しいのならば、あらかじめ「誕生日貯金」「クリスマス貯金」「お年玉貯金」をしておきましょう。また貯金と合わせて、金額予算をそれぞれ決めておき、まとめる分高価なものをプレゼントする手法も効果的です。子供に選ばせ納得させればいいわけですね。

ぜひやってみてください!!!

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする