ボタン電池CR2032との互換性一覧表とCR2025やCR2016等との違い要注意点!

ボタン電池,CR2032,互換性,CR2025,CR2016
いざボタン電池を交換しようとCR2032を買いにいったとき、似たような型番のボタン電池が並んでいて、間違えてCR2025やCR2016等と言ったちょっと違うボタン電池を買って染むことがあります。

私は2、3度やってよく愕然と四つん這いになったものです。

このようにボタン電池CR2032と似たCR2025やCR2016等、他の電池はCR2032と互換性はないのでしょうか?代用品として使えたら無駄にならずにすみますよね?

ここでは、ボタン電池CR2032との互換性のある電池一覧表と、CR2025やCR2016等との違い、またCR2032を交換するときの要注意点を解説します。

ここを読めば、CR2032辺りのボタン電池に詳しくなっちゃいますよ!!

スポンサーリンク

PICK UP!
▼その他ボタン電池の互換性一覧表や種類について▼

ボタン電池CR2032との互換性一覧表

ボタン電池CR2032と互換性のあるボタン電池一覧表をメーカー別にまとめました。
CR2032と同じ型番以外でも表にあるボタン電池の型番なら、全てCR2032の代用品として変わりに使えます。

ボタン電池CR2032との互換性一覧表
国内メーカー 一般的型番 CR2032
Panasonic
パナソニック
BR2032
※生産終了
enevolt
エネボルト
CR2032H
アメリカ
ENERGIZER
エナジャイザ
ECR2032
DURACELL
デュラセル
DL2032
RAYOVAC
レオバック
KECR2032
TIMEX
タイメックス
WALTHAM
ウォルサム
ヨーロッパ
VARTA
ファルタ
CR2032
RENATA
レナータ
CR2032
BULOVA
ブローバ
CR2032
OMEGA
オメガ
イギリス
BEREC
ベーリック
アジア
型番
SEIKO
セイコー
SB-T51
CITIZEN
シチズン
VINNIC
ヴィニック
CR2032
GP
ゴールド
ピーク
CR2032
Golden
Power
ゴールデン
パワー
TIANQIU
天球
PAKKO
LiCB CR2032
IEC
国際電気標準会議
CR2032
その他
LIR2032
※充電式電池

ボタン電池BR2032は、基本的に一般的には販売されていませんでしたが、パナソニックの公式で、生産終了が告知されています。

ボタン電池LIR2032は、他の型番では見かけない充電式のボタン電池です。充電には専用の充電器が別途必要になります。しかしLIR2032は街の電気屋さんから大手家電量販店等の店頭では流通していません。ネット通販で取り寄せることになります。

スポンサーリンク

ボタン電池PR2032、LR2032、SR2032は互換性がないの?

たまにボタン電池PR2032、LR2032、SR2032などの型番を探されている方もいるのですが、基本的にボタン電池PR2032、LR2032、SR2032などといった型番は流通していません。大概はCR2032との見間違いだったりするので、PR2032、LR2032、SR2032と言った型番のボタン電池を探している方は、もう一度よくご確認ください。

ボタン電池CR2032の性能

タン電池CR2032の性能は以下の表の通り

ボタン電池CR2032の性能表
電池種別 リチウム電池
主な用途等
車載用機器
(キーレスエントリー)
スマートキー
電子手帳(PDA)
小型LEDライト
小型電子ゲーム
ICタグ・ICカード
各種メモリーバックアップ機器
電子体温計
時計・電卓
PCマザーボードRTC
その他様々な小型機器
公称電圧 3v
容量 約220mAh~340mAh
寸法 直径20.0mm × 高さ3.2mm
重さ 約2.5g

CR2032はCR2025やCR2016等と何が違う?互換性があるのか解説

ボタン電池CR2032の互換表にはCR2025やCR2016等は記載しませんでした。基本的には互換性がないとお考えください。

じゃCR2025やCR2016等はCR2032と何が違うのか?どうしてCR2032の代わりに使えないのか?

これは、単純に大きさが違うからです。

CR2032、CR2025、CR2016の大きさの違い

CR2032の型番には意味があります。CR2032の「2032」がボタン電池の大きさを示しているのですが、左二桁が直径で20mm、右二桁が高さ(厚み)3.2mmを表しています。

ボタン電池,CR2032,型番意味

CR2032とCR2016やCR2025の違いは、大きさと言うか厚みの違いですね。直径は全部同じで、CR2016の厚みは1.6mm、CR2025の厚みは2.5mmと言うこと。

CR2032、CR2025、CR2016の容量の違い

CR2032、CR2025、CR2016それぞれの電気の容量の違いは以下の通り。大きさが違えば蓄電容量も変わるのは想像に易いと思います。

CR2032 約220mAh
CR2025 約160mAh
CR2016 約90mAh

容量は目安です。メーカーや商品によって差があります。

CR2032、CR2025、CR2016の電圧の違い

ボタン電池CR2032、CR2025、CR2016に電圧の違いはありません。全部3Vです。ただ、商品により3.6V程度まで違うものもあります。

CR2032電池交換の注意点!よい子は真似しちゃダメ!!

CR2032の数字の部分が直径と高さを表していることが分かると、知恵を働かせる方も出てきます。

「CR2025やCR2016なら、大きさが同じだから、数ミリの厚みなら何とかなるのでは?」

とか

「直径が違っても、厚みが3.2mmの型番ならいけるんじゃ?」

と言った具合に。

特にCR2016は半分の厚みだから、

「2枚重ねればちょうど良いのでは?」

と考える方もいましたので、ここで強く注意しておきます!

機器の指定はCR2032、もしくは互換性表一覧にある型番のものなら、
直径20mm×高さ(厚み)3.2mm以外の電池は、絶対に使わないでください!

CR2032と同じ厚みのものにCR1632がありますが、バッテリーケースに収まるとしても、隙間があけば接触不良になる可能性は十分にあります。固定するために隙間に詰め物をする方法もありますが、おすすめは出来ません。

CR2016を二枚重ねて使うのは、その機器で正式な使用法でない限りは絶対にダメです!電圧が上がりすぎて(電池の直列6V)、機器や電池の発熱、破損、発火等の恐れが出てきます。

厚みの足りない分は、バッテリーケースのばね板の具合や、曲げ具合をいじることによっては、使える場合もありますが、長期間の使用はやめたほうが良いでしょう。その場の間に合わせ程度に。

いずれも絶対いにやめたほうが良いですが、試すなら自己責任でお願いします。

ボタン電池CR2032との互換性一覧表とCR2025やCR2016等との違い要注意点まとめ

CR2032の互換性について解説してきましたが、基本的にCR2032と同じ大きさでないボタン電池は避けたほうが良さそうです。CR2025やCR2016等との違いも厚みと容量だけでどれも電圧は同じなので、要は機器のバッテリーケースにきっちり収まるなら大丈夫そうではありますが、自己責任で覚悟して置いてください。

と言うことで、CR2032と間違えてCR2025やCR2016等を買ってきてしまったのなら、基本的には諦めるか、お店の人に間違えたことを伝え、交換か返品の交渉をしたほうが良さそうです。

ちなみにボタン電池を持つときは、素手や金属などで正極と負極を挟むように同時に触れないようにしましょう。ショートなど著しく性能の低下を招く原因になります。

PICK UP!
▼その他ボタン電池の互換性一覧表や種類について▼

目次へ

トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする