台風の東側が強い理由を解説!回転方向と風速の関係と一番強い部分

台風,東側,強い,理由
台風の季節、
日本にはよく台風が来ますが、
各地で被害が出て大変です。

しかし、
同じ台風でも東側のほうが強いといわれていて、
被害にも東側と西側で差が出ています。

同じ台風の東側と西側で強さに差があるのはなぜなのか?
ちょっと不思議ですよね?

ここでは、台風の東側が強い理由と、
台風の回転方向の関係や強さに関して詳しく解説します。

スポンサーリンク
PICK UP!
▼その他台風豆知識について▼

台風の東側が強い理由って?

同一の台風の東側が強い理由は、
その台風の進行方向と回転方向に関係があります。

そもそもな話、実際は台風の東側が強いというわけではなく、
上から見て、その台風の進行方向の右側が強いのです。

そして、台風の回転方向が上から見て左回り(反時計回り)なこともあり、
進行方向の右側が強くなるのです。

台風が北東に進むなら、南東が強くなります。

しかし、基本的に台風は、
北方向に向かって動いていくので、
東側が強いと言っても問題ありませんね。

台風の風向き

台風の全体的な風向きは、
まさに台風全体の回転方向にゆだねられます。

日本に来る台風の回転方向は左回りなので、
右側は台風の回転速度に加えて、
台風本体の移動スピードが上乗せされます。

台風,東側,強い,理由

逆に左側は、移動速度と台風の回転による風速が若干相殺されます。

例えば、
前方にしっかり踏み込みながら前に放つパンチと、
後方に飛び退きながら前に放つパンチでは、
前者のほうが強いのと同じです。

つまり、台風の進行方向の前後が、
その台風の通常の風力とすると、
右側が通常より若干風力が強く、
左側は通常より若干風力が弱いと言うことになるのです。

台風の回転方向には理由があり決まっている!

台風の回転方向には理由があり決まっています。

台風の回転方向が決まっている理由は、
地球の自転により生じる力
「コリオリ力(こりおりりょく)」
が関係しています。

台風の回転方向とコリオリ力の関係

専門的な解説は難しく面倒なので、
なるべく簡潔に解説します。

地球の自転は、
北極と南極を直線でつなぐ軸を中心に回転しています。

地球上の空気はその自転と一緒に動いています。

北極点を真上から円盤の中心としてイメージしたとき、
地球は左回り(反時計回りに)に回転(自転)しています。

(円盤の円周は赤道)

同じ角度回転しても、
北極点(回転軸)に近いほど動く幅は短く、
赤道に近いほど大きくなります。

このことにより、
北極点付近と赤道付近では、
自転と同じに空気にも移動速度に差が生じます。

台風,風向き,コリオリ

このとき、
北極点方向から赤道に向かう空気(風)は、
その進行方向の右側(自転とは逆方向)に逸れます。

赤道から北極点に向かう空気(風)は、
その進行方向の右側(自転と同じ方向)に逸れます。

例えば、北極点をほとんど動かない足場、
赤道を高速で移動している乗り物、
空気の流れをボールに例えたとき、

移動している乗り物から左に向かってボールを投げると、
ボールは狙ったポイントよりも乗り物の進行方向側、
つまり右側に逸れます。
これは足場である乗り物の運動による影響を受けているからです。

コリオリ

反対に、ほとんど動いていない場所から
前述の乗り物に向かってボールを投げても、
足場からの運動による影響が少ないので、
乗り物から見れば、ボールは乗り物の進行方向の後方に逸れます。

話を地球に戻すと、
北極に近いほど自転の影響は少なく、
赤道は高速で東に向かって進んでいるので、
それぞれの方向から吹く風も、
風の進行方向がそれぞれ右側に逸れるのです。

このように、
高緯度(極点は90度で最高)にある空気と、
低緯度(赤道は0度で最低)にある空気が、
それぞれ進行方向右側に逸れながら台風の目に引き寄せられるとき、

左回りの渦を形成します。

北半球では常にこの力が働きますが、
南半球では逆になるので、渦は右回りになります。
(ちなみに南半球では、台風ではなくサイクロンといいます)

日本は北半球にあるので、
日本に来る台風の回転方向は常に左回りになります。

だから北半球の台風は、
進行方向の右側が常に強いことになります。

スポンサーリンク

台風の東側の風速は西側よりどのくらい強い?

台風の東側の風速は西側とどのくらい差が出るのかは、
台風の進行速度と回転速度により大きく変わってくるので、
一概に断定は出来ません。

一つの目安としては、
台風の中心付近の最大風速は30m/sと発表された場合、
右側は35m/sで左側は25m/sと言われていますが、

台風が最盛期の場合は左右で風力の違いはほとんどなくなるとも言います。

地形などの外的要因もあるので、
台風全体で一定の風力と言うわけでも無いので、
ケースバイケースで変わってきます。

瞬間最大風速は+25m/s程度だとも言われているので、
かなり誤差は出て来ますね。

台風で一番強い部分はやっぱり右側にある

台風の一番強い部分は、
台風の目のすぐ周りです。

台風で一番強い部分は、
台風の目のすぐ周りの進行方向右側と言うことになしますね。

台風の目から離れれば離れるほど、
風力は弱くなっていくと考えてください。

台風の目の大きさや、目の境界線は、
台風によりばらばらなので、
はっきりと線引きは出来ませんね。

ちなみに、
台風の目の中は静寂だといわれますが、
目の外ほどではないにしろ、
それなりに荒れていることもあるようです。

PICK UP!
▼その他台風豆知識について▼

目次へ

トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする