4分の1カップは大さじ何杯くらい?測り方が分からないときの代用品

4分の1カップ,大さじ,測り方,代用品
料理をする理由は様々ですが、節約もかねて自炊や栄養面を考えて料理を始めることはいいことです。しかし、料理本等を片手に料理していると、分からない料理の用語も出てきますよね。レシピに「しょうゆ カップ4分の1」なんて書かれていても、カップって何を指しているのか初めての人には分かりませんよね?いつも使っているマグカップのことではなさそうだし。

そこでここでは、カップ4分の1は大さじでは何杯くらいになるのか?大さじと言っても計量スプーンもないとき代用でカレーを食べるときに使う大きなスプーンでも測れるのか?何ccなのか何mlなのかなど、4分の1カップの計量について詳しく解説します。

スポンサーリンク

4分の1カップは大さじ何杯くらい?

4分の1カップは大さじ3杯と3分の1杯です。

ちなみに「大さじ3分の1=小さじ1杯」なので、4分の1カップは大さじ3杯と小さじ1杯でもOKです。

1カップとは何ccなのか?

そもそも料理で言う1カップとは何ccなのかを知っておきましょう。

1カップ=200cc

です。

なので4分の1カップは「200cc÷4」で、50ccと言うことになります。

大さじ小さじは何cc?

大さじ小さじはそれぞれ何ccかと言うと、

大さじ= 15cc

小さじ= 5cc

です。

4分の1カップは50ccなので、

大さじ15cc × 3杯 = 45cc
に小さじ1杯5ccでちょうど50ccです。

大さじ一杯の測り方

一言に大さじ一杯と言っても、測り方には若干の違いがあるので、大さじ一杯の測り方について簡単に解説をしておきます。

液体を計量する場合

お醤油など大さじ一杯の液体の測り方は、計量スプーンの大さじの縁までなみなみと入れて、さらに表面張力で少し盛り上がった所までで一杯です。

ちなみに、大さじ二分の一を測る場合は、スプーンの底が丸く狭まっているので、三分の二が目安になります。小さじ一杯の液体の測りか方も同じ要領です。

粉末を計量する場合

砂糖や小麦粉など粉末のものの測り方は、まずは粉末をスプーンに山盛りになるようにすくい、他の計量スプーンの柄やまっすぐな棒などで山を擦りきって平らにしたら一杯です。

スポンサーリンク

計量スプーンがないときの代用

計量カップの存在を知らなかったのなら、計量スプーンも持っていない場合もありますよね?なので計量スプーンがないときの代用として計量できる手段をいくつか解説します。。

普通ののスプーンを使ってみる

カレーを食べるときに使うような大きいスプーンは、計量スプーンの大さじと大体同じ15㏄くらいです。小さいティースプーンも計量スプーンの小さじと大体同じ5㏄くらいです。ただ普通のスプーンに関しては、大きさに一定の規格が設けられているわけではないので、若干の誤差は出てしまいます。

お玉

お味噌汁などをすくう普通のお玉です。お玉一杯で大体50㏄になります。中華のお玉だと、大きいもので300㏄程度、中くらいで200㏄~250㏄程度、小さいもので150㏄程度です。お玉にも規格はないので、大きさにはばらつきがあるので、あくまでも目安程度に。

計量カップがないときの代用

計量カップがないのなら、以下の代用品でも測れます。

お米の計量カップ

計量カップが無い場合でも、お米を炊くのならお米の計量カップがある場合もありますよね?お米の計量カップを使ってみるのも有効です。お米の計量カップは、一合で180㏄です。細かくメモリが入っているのなら、そのまま使えると思います。

ペットボトルのキャップ

ペットボトルを計量につかうことができます。ペットボトルのキャップの大きさは、本体の容量にかかわらず全て統一されています。キャップの縁まで注いで7.5㏄です。キャップ2杯でちょうど15㏄で、大さじ一杯になります。キャップのネジ溝までで3分2くらいになり、5㏄で小さじ一杯分になります。

お~いお茶のペットボトルのメモリ

お~いお茶の500ミリリットルペットボトルには、10cc(10ml)ごとにメモリが入っています(パッケージ)ので、液体を測るときの計量カップの代用として一応は使えます。

とは言え、ペットボトルを買うことになるくらいなら、100円均一で計量カップを買ったほうがこの先も使えるので良いですね。

ccの重さは?

液体を重さで測ることもできますが、同じ体積でも液体にいよって重さは変わってきますから、その辺は厄介です。ちなみに水の場合、1cc=1グラムです。他料理に良く使われるものは、

水 1.0
酒 1.0
醤油 1.2
牛乳 1.03
油 0.9

と言った感じです。

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする