ボタン電池LR44との互換性を一覧表と種類別特徴で確認!交換前の注意点も

ボタン電池,LR44,互換性,一覧表,特徴
ゲーム機やおもちゃから電子体温計や電卓と、小型機器によく使われるボタン電池LR44型。いざ電池交換しようと思ったとき、同じ大きさで似たようなボタン電池があったりして迷いますよね?間違えて買ってしまった方もけっこういます。

そこでここでは、LR44以外の似たボタン電池や間違って買ってしまったそのボタン電池はLR44型と互換性があるのか?国内メーカーと海外メーカーの型番でLR44と互換性のあるボタン電池を一覧表でまとめました。

また、ボタン電池の種類ごとの主な適した用途、ボタン電池交換前の注意点について解説もしています。

これを読めば、ボタン電池に詳しくなっちゃいますよ!

スポンサーリンク

ボタン電池LR44との互換性を一覧表

LR44の縦列の型番は全てLR44と相当する海外のボタン電池型番です。

他は電池の種類が違いますが、寸法が全て11.6mm×厚み5.4mmでLR44とも互換性があり、代わりに使うことが出来ます。

海外メーカーのボタン電池を買うときなどは、メーカー名と一緒に確認しましょう。

ボタン電池LR44との互換性一覧表
電池種別 空気亜鉛電池 アルカリ電池 酸化銀電池
主な用途等 補聴器用
携帯ゲーム機
時計
電卓
電子体温計
歩数計
電子体温計
小型計測器
アナログ針
時計用
デジタル
時計用
公称電圧(V) 1.4 1.5 1.55 1.55 1.55
国内メーカー
対応型番
PR44 LR44 SR44 SR44SW SR44W
アメリカ
ENERGIZER
エナジャイザ
AC675E A76 EPX76 303 357
DURACELL
デュラセル
675HPX
DA675
PX76A

LR44

D303 D357
RAYOVAC
レオバック
675A RW82 303 357
TIMEX
タイメックス
KA A J
ヨーロッパ
VARTA
ファルタ
V675A V13GA
V76PX
V13GS
V303 V357
RENATA
レナータ
ZA675 LR44 303 357
BULOVA
ブローバ
228
イギリス
BEREC
ベーリック
BLR44
アジア
型番
SEIKO
セイコー
SB-F9 SB-A9 SB-B9
CITIZEN
シチズン
280-08
VINNIC
ヴィニック
L1154
L1154F
303EF
357EF
GP
ゴールド
ピーク
GPZA675
GPA76
GPA76F
357
Golden
Power
ゴールデン
パワー
357A
LR44G
LR44GD
LR44GH
LR44H
TIANQIU
天球
AG13
PAKKO
L1154C
L1154H
IEC LR44 SR44 SR44 SR44
その他 A675
LR44BP
LR1154
AG13
G13A
A357
A76
76A
GA76+
SG13
G13

ボタン電池種類別特徴

LR44の代りにLR44とは違う種類のボタン電池を使う場合、機器によってどの種類が適しているのかも、選択のポイントになります。それぞれのボタン電池の特性を考慮した上で、状況に応じて選ぶと良いでしょう。

ボタン電池LR44と互換性がある種類の特徴

国内メーカーの型番では、最初のアルファベットでボタン電池の種類を表しています。
それぞれボタン電池の種類の特徴を解説しますので、電池を代用するときなどの参考の一つにして下さい。

ボタン電池の種類は、

  • LR44:アルカリ電池の特徴
  • SR44:酸化銀電池の特徴
  • PR44:空気亜鉛電池の特徴

LR44:アルカリ電池の特徴

アルカリ電池は、ちまたによくあるアルカリ乾電池と同じもので、Lで始まる電池の型番になります。比較的安価で一般的に広く使われているボタン電池です。小さい分蓄電容量は60~120mAh程度。(蓄電容量はメーカーにより変わります)どのくらい持つかは、使用する機器にもよります。
蓄電量が減ってくると電圧も落ちるので、だんだんと出力が下がるので、時計の針が遅くなるなど、不具合が続くようになります。

マクドナルドのオマケ等、海外メーカーのアルカリボタン電池が入っていることが多いです。

SR44:酸化銀電池(さんかぎんでんち)の特徴

型番Sが頭にあるボタン電池は酸化銀電池を意味します。
その特徴は、蓄電量が減っても寿命が尽きるまでは電圧出力が落ちないということ。ある日突然止まる感じです。基本的にアルカリ電池LR44よりも高性能で、蓄電容量も160~200mAhとLR44の2倍程度あります。その安定した出力はより精密な機器に適しています。電子体温計など小型計測器に使われています。

LR44よりもちょっとお高めな傾向があり、普通に使うならLR44の方がお得です。

PR44:空気亜鉛電池(くうきあえんでんち) の特徴

型番Pで始まるボタン電池は空気亜鉛電池です。
正極に空気中の酸素を使うので、その分負極物質の亜鉛を多く充填することを可能とし、PR44の蓄電容量は600mAh~650mAh程度と他の同型のボタン電池に比べダントツに多く、出力も安定していて、電池寿命がなくなるまで電圧が落ちることがなく、長く安定した電力供給をし続けることが出来ます。

しかも比較的安価。

使い始めるときは、購入時に電池本体の電極に張ってあるシールを剥がします。

シールを剥がすことで、空気中の酸素と使って発電をはじめる仕組みになっているのですが、一度発電を始めると、機器をオフにしていようが、空気亜鉛電池を外していようが電気消費は止まりません。また、シールを再び貼り付けても、電気消費を抑えることは出来ません。
を多く

この特徴では、補聴器など常にオンの状態で使い続ける機器に適しています。今では補聴器専用電池と言っても良いくらいですね。

使用環境にも影響を受けやすく、気温5度ほどになると著しく寿命が短くなります。温めると回復するので体温などで温める必要があります。湿度は60%が最適。など弱点がちらほら。

安価で高性能とは言え、不使用期間の多い機器ではコスパが悪い電池ともいえます。

スポンサーリンク

LR44互換性についての注意点

ボタン電池LR44と互換性のある他の型番と電池の種類別による特徴などを紹介しましたが、互換性のある代わりのボタン電池に交換するときは頭に入れておいてほしい注意点もあります。

前述したように電池には性能差があるわけですが、大概の機器は指定の電池の能力に合わせて設計されているので、なるべくならもともと指定されている電池の種類を使った方が無難です。

LR44指定の機器ならアルカリ電池の型番、SR44指定の機器なら酸化銀電池の型番、PR44指定なら空気亜鉛電池と言った具合です。

あと、指定電池より高めの性能の電池を代わりに使うのは問題ありませんが、指定電池よりも低い性能の電池を使うと、機器が正常に動作しない原因になる可能性もあります。とは言え、深刻な誤作動が起こることは少ないと思いますが、特に精密な計測器等は気を付けた方がいいでしょう。

ボタン電池の性能順は、低い順に

  • 1.PR44
  • 1.LR44
  • 2.SR44
  • 3.SR44SW
  • 4.SR44W

PR44が一番低性能というわけではないのですが、他よりも低めの電圧、コスパと適正機器の限定性を考慮し、LR44との互換性能としては、LR44と同程度としました。

単純に指定電池の電圧より低い電池は使わない方が無難と言った感じです。

R44型の型互換性優先順位一覧を表記しておきます。

R44型互換性優先順位一覧
指定Lv 型番 互換性
1 PR44
使用しない方が無難
|
使用可
1 LR44
2 SR44
3 SR44SW
4 SR44W

指定Lvの高いボタン電池、は指定Lvの低いボタン電池を互換できる。逆に指定Lvの低いボタン電池は、指定Lvの高いボタン電池をカバーできない。実際は使えなくはないですが、守ったほうが良いと言う程度です。

ボタン電池を複数使う機器に関しての注意

ボタン電池を複数使う機器に関しては、同じ種類の電池を使うようにしてください。PR44、LR44、SR44、SR44W、SR44SW等違う種類のボタン電池を混合して使うと、いくら互換性があるといえども、機器の故障や電池の発熱等のトラブルの原因になる可能性があります。

目次へ

トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする