ほうじ茶のダイエット効果と効率を上げる方法に迫る!注意点にも注目!

ほうじ茶,ダイエット,効果,効率,方法
ほうじ茶にダイエット効果があると聞いてしまったら気になってしまいますよね?暖かい季節になると、着る洋服も薄手のものが増えてきますよね?そんな時にふと気になってしまう体のライン…。健康的に痩せたい!でもきつい運動や食事制限はしたくない!そんな方に必見なのが、今回のテーマ、「ほうじ茶」です。

この記事ではそのほうじ茶が持つダイエット効果やその方法について迫ります!お茶を飲んでシェイプアップを目指しましょう!

スポンサーリンク

目次 [閉じる]

ほうじ茶にはダイエット効果が期待できる!

実際ほうじ茶にはダイエットに期待がもてる効能がたくさんあります。ここでは、その効能について詳しく紹介していきます。

糖の吸収を抑えるカテキン

ほうじ茶には、カテキン類が多く含まれています。簡単に言うとお茶の苦味のもとです。カテキンは、糖の分解・吸収を行う酵素の働きを抑制してくれるので、肥満防止に効果があります。糖は主に炭水化物から摂取され、肥満の大きな要因のひとつとされています。必要以上の糖は脂肪となって蓄積されていってしまうので、糖の吸収を抑えてくれるカテキンはダイエットの大きな味方ですね。
また、血糖値の急上昇を抑えてくれる効果もあるので、脂肪が蓄積されるのを防いでくれる効果もあります。

脂肪燃焼の味方、タンニン

先ほどカテキン類について説明しましたが、その中でも特にダイエットの力強い味方となるのが「タンニン」という成分です。もちろんほうじ茶にも含まれています。タンニンは、皮下脂肪をエネルギーに変換するはたらきを持ちます。また、血中コレステロールの濃度を下げる効果もあるので、タンニン摂取で一石二鳥です!ダイエットの強い味方ですね。

緑茶よりもカテキンの含有量が多い!?

緑茶は一番煎じのお茶ですが、ほうじ茶は二?三番煎じのお茶です。ダイエットに関係する類のカテキンは、二?三番煎じの過程において多く抽出されるとされています。ダイエットが目的であるのなら、緑茶よりもほうじ茶がおすすめです。

豊かな香りで食欲を抑える

ほうじ茶にミルクや砂糖を入れて飲むのも美味しいですが、ほうじ茶だけでもとても香り豊かで味わい深いですよね?お茶は基本的にノンカロリーなので、ほうじ茶を味わって飲むことでカロリーを摂取せずに満足感を得ることがきます。私も食後に口がさみしい時、甘いデザートを我慢してほうじ茶を飲むことがありますが、十分満足できますよ?

脂肪分解にはカフェインが効果的!

ほうじ茶にはカフェインも含まれています。カフェインは眠気を覚ましてくれることで有名ですが、実はそのことがダイエット効果につながっているのです。眠気覚ましもこの例ですが、カフェインは神経の覚醒を促す作用があります。それにともなってホルモンの分泌が進み、内臓の脂肪分解が進むのです。脂肪の分解はダイエットに効果がありそうですね!

ビタミンB群でエネルギーを生み出そう!

ほうじ茶にはエネルギー合成を助けてくれるビタミンB群が含まれています。私たちは食事から糖質や資質、タンパク質を消費してエネルギーを作り出していますが、そこでは「酵素」が必要になります。この酵素の働きを助けてくれるのが、ビタミンB群です。せっかく食べたものが無駄になって体内に溜まっていってしまうようでは、もったいないですよね?効率よく食べ物をエネルギーに変えるためにも、ビタミンB群は役に立ちそうです。

スポンサーリンク

ほうじ茶のダイエット効果を高めるにはどうしたら?

さてここまでほうじ茶の効能について紹介しましたが、もっと効率よく結果を出したい!という方、ここからはどんなタイミングで飲めばより高い効果が得られるのか、紹介していきますよ?

運動前や入浴前に飲んで脂肪を燃焼!

みなさん、この記事の最初に紹介した、「カテキン」は覚えていますか?カテキンには脂肪燃焼作用があると説明しました。また、ほうじ茶に含まれるリパーゼは、体に溜まった脂肪を流してくれます。エネルギーを消費するような運動前や入浴前にほうじ茶を飲むことで、より高い脂肪燃焼効果が期待できます!水分補給としてほうじ茶を飲む習慣をつけておけば、無理なくダイエットできそうですね!

血糖値を抑えるには食事前に

食事をとって血糖値が急激に上がると、体内のホルモン分泌量が増加して肥満につながります。せっかくの楽しい食事なのに、そんな事態は避けたいですよね?そんな時にもカテキンが味方になってくれます!カテキンには血糖値が急激に上がるのを抑えてくれる効果もあるのです。もっとも効果を出すために、食事前か食事中にほうじ茶を飲むとよいでしょう。

夜寝る前に飲んでリラックス効果抜群!

香ばしい香りで人気のほうじ茶ですが、この香りにアロマのようなリラックス効果が隠されているのです。ほうじ茶は茶葉を焙じる際に「ピラジン」という香り成分がたくさん作り出されます。このピラジンは、心を穏やかにしてくれるはたらきがあります。充分な眠りはホルモン分泌の調節機能を高めてくれますから、肥満防止に不可欠な要素なのです。寝る前にほうじ茶の香りでリラックスしましょう。

ホットで飲んで代謝を上げよう

体内の代謝を下げないよう、ほうじ茶はホットで飲むことをおすすめします。体温低下による代謝の低下はダイエットの大敵です。アツアツのお湯でほうじ茶を淹れることで香りも十分に楽しめますね。温めた急須に茶葉7~8gを目安に入れて、沸騰したお湯を冷めないよう一気に急須に注ぎます。30秒ほど蒸らして、湯飲みに注げば香り豊かな美味しいほうじ茶の出来上がりです。香り豊かなほうじ茶は空腹感の軽減やリラックス効果に期待できますね。ただし真夏にホットを飲むときは熱中症に気をつけてくださいね。

ほうじ茶を飲むときの注意点

ここまでほうじ茶のダイエットに関する効能を紹介してきましたが、少し注意しなければいけない点がいくつかあります。ここからはほうじ茶を飲むときの注意点を紹介します。

砂糖やミルクの入れすぎはダメ!

ミルクや砂糖をたくさん使って甘く仕上げたほうじ茶はとても美味しいですよね。某大手コーヒーショップにもほうじ茶を使った甘い飲み物がありますが、砂糖や牛乳からカロリーを摂取してしまっては元も子もありません!お茶がせっかくのノンカロリーなのですから、「ほうじ茶はダイエット効果があるから!」なんて砂糖やミルクの入れすぎには注意しましょう。ほうじ茶そのままでも、とても豊かな香りを楽しめるはずですよ。

飲み過ぎに注意!

何事もやりすぎは禁物ですが、ほうじ茶も飲み過ぎには注意しましょう。

「沢山飲んだ方がそれだけダイエット効果があるんじゃ?!」

などと、ほうじ茶をとにかく飲みまくるのは禁物です!!

ここで注目したいのは「カフェイン」です。カフェインは摂りすぎると心拍数増加、不眠症、吐き気などの悪影響を及ぼす可能性があります。ほうじ茶はコーヒー、紅茶よりもカフェイン含有量が少ないとされていますが、摂取量には注意しましょう。どうしてもカフェインが気になる方は、量を抑えたほうじ茶も販売されているので、そちらを試してみるのもいいかもしれません。

ほうじ茶が持つダイエット以外の嬉しい効用とは?

ここまではほうじ茶が持つダイエット効果について紹介してきましたが、実はほうじ茶はダイエット以外にもたくさんの効能があるのです!ここからはダイエット以外のほうじ茶の効能をどんどん紹介していきますよ?

ほうじ茶で美肌&アンチエイジング効果!

ほうじ茶で美肌&アンチエイジング効果が期待できるんです!ダイエットと相性が良い嬉しい効果ですね!

ビタミンCによる美容効果

ほうじ茶には緑茶と同じようにビタミンCが多く含まれていて、さらにカテキンとの相乗効果でビタミンCの吸収率が高くなるのです。ビタミンCは熱で壊れやすいのですが、カテキンと一緒に摂取することでビタミンCが壊れにくくなるといわれています。ビタミンCは老化を防止してくれる抗酸化作用や、美容効果を含んでいます。特に、シミ・そばかすの要因となるメラニン色素が沈着するのを防いでくれたり、コラーゲンを作り出すのを助けてくれるはたらきは美肌への力強い味方ですね!

ビタミンEで活性酸素を抑えよう!

体内で「活性酸素」が増えてしまうと、老化が進んでしまいます。その活性酸素の活動を抑制してくれるのが、ほうじ茶に含まれるビタミンEです。血流を良くしてくれる効果もあるので、疲労や頭痛にも良いとされています。

カテキンで細胞を若々しく!

ダイエット効果を持つとして紹介した「カテキン」ですが、美肌にも効果があります。ビタミンCと同じく抗酸化作用を持っているので、細胞が老化するのを防止してくれるのです。アンチエイジングを目指す方にぴったりですね!

美肌の味方、ポリフェノール

ポリフェノールもカテキンと同じく抗酸化作用を持っていて、老化防止によいとされています。また、紫外線が主な原因の「光老化」を防いで、シミなどで肌が老化して見えてしまうのを防止してくれるはたらきもあります。

ほうじ茶が血液の巡りをよくする

ほうじ茶で血液の巡りがよくなれば健康的な美が手に入ります!

カフェインが少ないことで冷え性にも効果的!

カフェインには血管を収縮させる作用があります。そのため、過剰な摂取は体を冷やす原因になってしまうのです。ほうじ茶は火を入れていてカフェインの含有量が比較的少ないので、冷え性の方も安心して飲めます。

ピラジンでサラサラの血液に

ピラジンはほうじ茶の香りに含まれる成分ですが、血液をサラサラにしてくれる作用を持ちます。血流が良くなると末端まで血液が行きわたるので、冷え性の解消に効果的なのです。

ほうじ茶はリラックスにも最適な飲み物!

精神状態によって肉体も変化するものです。リラックス効果で精神から美しくなりましょう!

癒し効果抜群のテアニン

ダイエット効果を紹介したときにも出てきたこちらの「テアニン」という成分ですが、簡単に言うとお茶に含まれるうまみや甘み成分のこと。リラックス効果があり、睡眠状態を改善してくれます。朝起きたときの疲労感や眠気を軽減させてくれたり、ストレスを取り除く働きがあるとされています。

豊かな香りのもと、ピラジン

ほうじ茶の火入れ工程で含有量が増加する「ピラジン」という成分は豊かな香りを生み出してくれるだけでなく、血管を拡大する作用も持つのです。血流がよくなって体が温かくなる効果を持つので、香りと相まってよりリラックスできそうですね。

カフェインで集中力アップ!

紅茶やコーヒーよりは少ないですが、ほうじ茶にもカフェインが含まれています。カフェインは飲みすぎると悪影響が出る可能性がありますが、適度な摂取で集中力を上げてくれたり、眠気を覚ましてくれたりする効果もあるんですよ。仕事をしながらほうじ茶を飲んで、作業効率を上げちゃいましょう!

消化器系にもはたらきかけて便秘解消!

消化器系など内臓の健康はダイエット効果にもつながります!

ストレス解消の味方テアニン

ほうじ茶に含まれる「テアニン」にはストレスを軽減してくれる効果があるのです。それに伴って睡眠状態の改善にも期待できます。ストレスの蓄積は消化器系に大きく影響して、便秘の原因にもなります。テアニン摂取でストレスを解消することで、便秘の改善にも役立ちそうですね

ほうじ茶は殺菌作用や、口臭予防にも効果的!

見てくれがよくなっても、口が臭かったら台無しです!

カテキンは殺菌もしてくれる!

カテキンに抗酸化作用があることを紹介してきましたが、実は殺菌作用も持っています。口臭の原因の一つである口内細菌の発生を抑制してくれるので、ほうじ茶で口臭予防もできちゃいます。お出かけ前に飲めば、人と会うのも安心ですね。

ポリフェノールで殺菌!

コーヒーやココアに含まれることで有名な「ポリフェノール」ですが、ほうじ茶にも含まれています。ポリフェノールは抗菌作用があり、歯周病の原因となる口内の細菌を減らしてくれます。この作用により、口臭予防にも効果的なのです!

クロロフィルで体内の臭いのもとを撃退!

口臭や体臭が気になる方、「クロロフィル」のパワーで内側からその臭いを抑えることができるかもしれません!実はその臭いのもと、体内や腸内から発生してる可能性があるのです。ほうじ茶に含まれるクロロフィルは、内側からくる臭いの元に作用して口臭や体臭を抑えてくれるはたらきがあるのです。

ほうじ茶で生活習慣病も防げる!

日々の生活がたるんでいると、生活習慣病が心配!そんな生活習慣病の対策にも一役かっています。

まだまだある!カテキンの効果

ダイエット効果や美肌効果、抗菌効果に一役買っていた「カテキン」ですが、実はまだ効能を持っているのです!カテキン様様ですね!カテキンが持つ効能の中で特に大きなものは抗酸化作用であることはここまでで何度か紹介しましたね?老化防止だけでなく、体内の組織の老化を防いでくれて、免疫力をキープしてくれます。また、体内の組織を傷つけてしまう「悪玉酸素」を減らしてくれるはたらきがあり、生活習慣病の予防にも効果があるのです。

クロロフィルで腸を綺麗に!

臭いを抑えてくれる作用があるクロロフィルですが、腸内の悪玉コレステロールにはたらきかけて発生を抑えてくれます。腸が綺麗になると体の健康状態も良くなります!腸を綺麗に保って生活習慣病を予防しましょう!

健康の味方、ビタミンC

ほうじ茶に含まれるビタミンCには風邪を予防したり免疫力を上げてくれる効果もあります。ビタミンCで健康な毎日を目指しましょう。

こういった効果を見てきましたが、勘のいい方は気づいたかもしれませんね!そうこれらの効果って、どれも美しく痩せることにつながるんですよね。間接的にはダイエットにつながる嬉しい効果なんです!

そもそもほうじ茶とは?

さてここまでたくさんのほうじ茶ダイエット効果を紹介してきたのですが、そもそもほうじ茶ってなんでしょう?なんとなく身近にあるけど、実は詳しくは知らないかも。そんなほうじ茶についての基礎知識を紹介していきます。体に取り入れるものですから、ダイエットついでに知っておきましょう!

ほうじ茶は緑茶の一種

ほうじ茶と緑茶って色も全然違うし、まったくの別物だと思っていた方も多いのではないでしょうか。実はほうじ茶は緑茶の一種で、煎茶や番茶などに火を入れて焙煎したものなのです。

カフェイン含有量が少ないのも◯

ほうじ茶は茶葉に火を入れていることで緑茶よりもカフェイン含有量が少ないのです。100mlあたり20mlのカフェインが含まれています。 体重60kgの健康な成人が摂取しても安全なカフェイン量は1日に342mg までなので、1杯150mlとして10杯以上飲まなければ安全だといえます。過剰摂取によって体調不良や冷え性を引き起こしてしまうカフェインですが、これなら安心して飲めますね。

妊娠中、お子様も安心

カフェイン含有量が少ないことはここまでも触れてきましたが、その特徴のおかげでカフェイン摂取が気になる妊娠中の方や小さなお子様も、ほうじ茶なら安心して飲めるといえます。ただしカフェイン量はゼロではないので、2~3杯ほどにしておきましょう。心配な方はカフェイン量を少なくしたお茶も販売されていますので、試してみるといいかもしれません。

渋みや苦味が少なく飲みやすい!

緑茶やコーヒーは苦味が強くて少し飲みづらい印象がありますね。私も小さな頃は苦手でした。しかしほうじ茶は豊かな香りで苦味や渋みが少なく、飲みやすいです。ミネラルやビタミンなどの栄養素も多く含んでいるので、お子様の水分補給にも最適です。

体調不良にも是非ほうじ茶を

ほうじ茶は、免疫力アップや抗酸化作用で体調回復に役立つビタミンCやカテキンが豊富な飲み物です。風邪をひいたときや体調が悪い時に飲むにはとても良い効果を発揮してくれそうです。苦味が少なく飲みやすいので、食欲がない時にも無理なく飲めそうですね。

実は緑茶にもダイエット効果が…!?

ほうじ茶がダイエットに効果があることや、アンチエイジングに役立ってくれることはみなさんお分かりかと思いますが、ほうじ茶の仲間である「緑茶」にも、実はダイエット効果があるのではないかとされているのです。

緑茶のカロリーはゼロ!

ほうじ茶と同じく緑茶もお茶なので、基本的にゼロカロリー!カロリーを気にしている方でも安心して飲めますね。

カテキンのダイエット効果で脂質代謝を促進

ほうじ茶の紹介の時にも説明しましたが、カテキンには溜まった脂質を流してくれる効果があります!体内に脂肪が溜まるというのはダイエットをしている方には恐怖ですね…。緑茶で体内をスッキリさせしょう。

カフェインのダイエット効果も?眠気覚ましだけじゃない!

カフェインの興奮作用が行動のきっかけになり、ダイエットへのモチベーションとして利用するのはありかもしれません。ですが、カフェインの利尿作用による水分不足や、血流減少は、やはりダイエットには向かないようです…。過剰摂取には注意しましょう。

ダイエットに効果的な緑茶の種類とは

緑茶には煎茶、番茶、玉露などの種類がありますが、それぞれが多種多様な効能を持っています。カテキンやビタミンCを多く含む煎茶、カテキンやテアニンを多く含む番茶、主にカフェインを多く含む玉露、の順でダイエットに効果的といえるでしょう。

緑茶の飲む量はどれくらい?

1日5杯以上お茶を飲むと健康的な体づくりに効果的であるようです。栄養素を効果的に摂取するために、少し濃いめに入れると、より効果的ですよ。

緑茶のダイエット効果を高める最適な飲むタイミングは?

緑茶は食前に飲むことで胃の内部に膜を張り、カロリー吸収を抑えてくれます。食中の摂取は食事でとりこんだ脂肪や糖にカテキンがはたらきかけ、ダイエットに効果があるでしょう。運動前に飲めばより効率の高い脂肪燃焼を期待できます。

緑茶ダイエットの注意点

緑茶にはカフェインが含まれていて、その量はほうじ茶よりも多いとされています。寝る前に飲みすぎると眠れなくなってしまう恐れがあるので、飲むタイミングや量には注意しましょう。

緑茶コーヒーダイエットに迫る!

ほうじ茶や緑茶によるダイエット効果は期待できそうですね!ところでみなさん、ちょっとだけほうじ茶から話は逸れるのですが、「緑茶コーヒーダイエット」はご存知でしょうか?飲み物によるダイエットということで、ここからはその緑茶コーヒーダイエットについて見ていきましょう!ほうじ茶ばかりのダイエットではさすがに飽きてしまって、続かなくなるかもしれないので、バリエーションを持っていると良いですよ!!

緑茶コーヒーダイエットって?

このダイエット法は、1日3回、同じ量の緑茶とコーヒーを混ぜて食事前に飲むというとてもシンプルなダイエットです。

世界一簡単!お茶とコーヒーはどこでも手に入る

お茶やコーヒーは身近なスーパーやコンビニですぐに手に入れることができますね。混ぜるだけでOKなので、面倒な手間もかかりません!世界一簡単と言っても過言ではありませんね。

お茶の種類はなんでもOK

お茶の種類はカテキンが含まれて入ればなんでもありです。緑茶が推奨されていますが、ウーロン茶やほうじ茶、プアール茶でも大丈夫です!好みに合わせて選んでみましょう。

ダイエット外来専門医が考案

そもそもはダイエットの専門家が開発したダイエット法なので、その効果は期待できそうですね。

その効果とは!?

まず緑茶とコーヒーに含まれるカフェインには、脂質の代謝を高める効果が期待できるようです。また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は血糖値の上昇を抑え、脂肪燃焼の効果があります。さらに緑茶に含まれるテアニンには、過食防止・睡眠改善の効果が期待できます。体にはたらきかける成分はもちろんですが、精神的にも健康になれるような効果がありますね!

アレンジも自由!

自分の好みに合わせてアレンジできるのは嬉しいですね。

ウーロン茶・ほうじ茶・紅茶と割る

先ほどお茶の種類はなんでもOKと紹介しました。お茶の種類によってその味わいも変化してくるので、自分の好みに合うものを探ってみましょう。

シナモンパウダーをプラス!

シナモンの独特の香りで満足感アップ!贅沢な気分を味わえそうですね。

りんご・しょうがを混ぜて整腸効果、満足感を

りんごの皮は食物繊維を含んでいて、整腸効果が期待できます。しょうがには代謝を上げてくれるシンゲロールが含まれます。甘さや辛みがアクセントとなって、十分な満足感を得ることができるでしょう。

緑茶コーヒーダイエットの注意点

緑茶コーヒーダイエットといえど、注意しておきたいこともあるので、押さえておきましょう。

お茶はカフェイン・クロロゲン酸が含まれているものを

お茶は好みによって変えてもよいですが、カフェイン・クロロゲン酸が含まれているものがダイエットに効果的です。選ぶ時には気をつけましょう。

コーヒーはブラックで

コーヒーの苦味が苦手で砂糖やミルクを入れたい方もいるかもしれませんが、カロリーを抑えるためにはブラックを使うようにしましょう。

飲みすぎによるカフェインのとりすぎに注意!

緑茶にもコーヒーにもカフェインが含まれています。カフェインを摂りすぎると夜眠れなくなったり、体調不良に陥る可能性があるので、飲み過ぎには注意しましょう。

バランスの取れた食事を心がける

緑茶コーヒーにダイエット効果があるとしても、あくまでも「補助」であると考えてください。健康的に痩せるためには、バランスのとれた食事を心がけましょう。

無理をしない!

味の好みは人それぞれですから、もし口に合わないと感じたり、お腹の調子が悪くなった場合には他のダイエット方法を探してみましょう。長期的なダイエットに無理は禁物です。

緑茶コーヒーダイエットの口コミは?

  • 緑茶コーヒーを飲んでいたら3か月で5kg減りました。
  • 食べ過ぎた日に飲むと体重が増えないです。

というような声があることから、減量に期待が持てそうです。

  • とても飲みやすい!コーヒーが苦手でも緑茶が入っているので 無理なく続けられます。
  • 緑茶と割るので苦みが軽減されて、ブラックコーヒーが苦手な人も飲みやすいです。

意外な組み合わせですが、飲みやすいようですね。

でも効果自体は個人差で大きく出ます。人によりなかなか思ったような効果が得られないという人もいます。薬ではないので、そんなときは自身の生活習慣から変える必要があるでしょう。

まとめ

  • ほうじ茶に含まれるたくさんの栄養素でダイエットに効果アリ!
  • ほうじ茶にはダイエット以外にもたくさんの効能が
  • ほうじ茶以外にも、お茶で無理なくシェイプアップを目指せる!

苦味が少なくて飲みやすく、身近で手に入るほうじ茶でダイエットができるのは、忙しいみなさんでも無理なく実践できそうですね。身体的にだけではなく、精神的にもホッと一息ついて落ち着くことができそうです。ストレスはダイエットの大敵ですから、心の味方としてお茶を取り入れてみるのもいいですね。私も早速ほうじ茶を淹れてみようと思います。その他にもダイエットに効果的な飲み物をたくさん紹介しましたので、みなさんも是非実践してみてください!

目次へ

トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする