葬儀後のお礼メールの返信対応と例文を解説!以外と知らない一般常識が!

葬儀後,お礼,メール,返信
知人のお通夜やお葬式に参列すると、後日葬儀後にお礼のメールが届くことがあります。メールで来るところが、まさに今っぽいですが、いざこのような葬儀後のお礼メールが来たとき、どう返信したら良いのか?迷ってしまいますよね?

そこでここでは、葬儀後のお礼メールの返信はどうすれば良いのか?や、お礼メールへの返信の例文、いずれ葬儀後に会うときの挨拶の仕方までフォローして解説します。

葬儀後の対応でオロオロして、しくじらないように、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

葬儀後のお礼メールへの返信はどう対応すればいいのか?

結論をいってしまえば、葬儀後のお礼メールへの返信は必要はありません。基本的には受け取ったらそれでおしまいです。お香典返しのお礼に関しても何も返事を返す必要もありません。失礼なようにも感じるかもしませんが、一般常識なので相手もそれは分かっているはずです。なので、対応にオロオロすることなく、そのまま静観すればいいのです。

葬儀後のお礼の手紙にならう

ここでいう「メール」とは電子メールを指すわけですが、葬儀後のお礼メールへの返信をしなくていいというのは、「お手紙」にならってのこと。葬儀後のお礼の手紙には返信は不要だからです。

なぜお礼への返信が不要なのかと言えば、
「不幸を繰り返さないようにと、お礼状への返事は出してはいけない」ことになっているからです。これがどう言うことかというと、礼を尽くすとか、礼状を書こうと考える気持ちはとても大事なことですが、一般的にお葬式の参列に対するお礼に礼で返すこや、葬儀でのお返し物に対するお礼を述べることは、その葬儀自体にお礼を述べることになるので、それはつまり「その方の身内が亡くなったことに感謝する」ことになってしまうのです。

身内の不幸に感謝するなんて、全く持って失礼極まりない行為ですよね?これって、電子メールや手紙に関わらずとても失礼なことですから、逆になにも返信しないのが正解なんです。

お礼メール返信の例文

葬儀後のお礼メールへの返信は不要なのですが、どうしても受け取ったことへの何かしらの反応を返したい場合は、感謝など礼を含まない文言の手短な文章で、返信するといいでしょう。

また、その葬儀関連とは別件としてメールをやり取りする場合、最後に葬儀後のお礼メールへの反応(礼を含まない)を書き添えるのもありです。

その時に無難な、お礼メール返信の例文を紹介します。

ちょっとお堅い感じなら
「お忙しい中、早速のメール受けとりました。この度は様々ことで大変でしたね。あらためてお悔やみ申し上げます。まだしばらくは何かと落ち着く間もないことと思いますが、どうぞ体調を崩さぬようお大事になさってください。◯◯さまのご冥福を心より申し上げます。」

割と親しげな関係なら
「この度は色々と大変だったね。私で何か力になれることがあったら、何でも言ってくださいね。ある程度落ち着いたら、またゆっくり食事でもしましょう。疲れも溜まって来てると思うけど、体調を壊さないように気をつけてね
!」

短く済ませるなら
「寂しくなるかと存じますが、疲れで体調を崩されませんように」

その葬儀とは別の用件があるなら最後の方で、
「いまだ色々大変なことと存じますが、体調を崩さぬようご自愛ください。」

文言としては、「ありがとう」「またよろしく」と言った類いのものは使わず、代わりに、「恐れ入る」「恐縮」を使うと良いと思います。また、「ねぎらいの言葉」を意識しましょう。

スポンサーリンク

葬儀後に会うときの挨拶

葬儀後のお礼メールへの対応でオロオロしてしまう方は、葬儀後に会うときの挨拶にもたじろいでしまうことが多いです。

喪主の方が割と近所だったり、仕事での付き合いがあったりすると、必要なことですから、ここでもフォローしておきます。

普段会わないと思っていても、そういう油断しているときにバッタリ会うものです。
また、直接電話が来たときにも対応出来るので、バッチリ用意しておきましょう。

葬儀後に会うときの挨拶例としては、
「この度は、ご丁寧にご連絡頂き、恐れ入ります。」

香典返しへの挨拶としては、
「この度は、散財おかけ致しまして恐縮です。」

ねぎらいの言葉を添えるなら
「まだ大変な時期と存じますが、どうぞ御自愛ください。」

と言った感じです。

ここでも、葬儀後のお礼メールに対しての感謝の意やお礼の言葉は使いません。また「御愁傷さまでした」は、亡くなられたことを知って、初めにかける言葉ですから、葬儀参列ですでに言っているなら、葬儀後は使いません。

>トップページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする